赤ちゃんの抱っこでも腱鞘炎になる

腱鞘炎とは

腱鞘炎(けんしょうえん)という症状については、ご存知でしょうか?

腱鞘炎では、手首を痛めてしまう事がとても多いです。

腱鞘炎になりやすい人というのは、手首をよく使う作業を日常的にやっている方などがなる場合が、非常に多いです。

例えば、パソコンでキーワードをよく打つ作業をしている方や、ピアニストの方など、手首をよく使う人がよく腱鞘炎になりやすいと言えます。

腱鞘炎の中でも、手首を痛めるパターンはとても多く、手の親指側を痛めてしまう事も多いようです。

赤ちゃんの抱っこと腱鞘炎

腱鞘炎は、手首をよく使う作業をしている人もなりやすいですが、赤ちゃんの抱っこをするお母さんの方も、腱鞘炎という症状を患いやすくなってしまいます。

赤ちゃんを抱っこしようとする機会が増えるお母様は、知らず知らずのうちに、手首に負担がかかってしまう事があります。

腱鞘炎を回避するために

赤ちゃんを日常的に抱っこしていたり、手首をよく使う仕事をしている人は、腱鞘炎になりやすいので、腱鞘炎を癒していくためにも、そのように手首を使う仕事を控えるというやり方もあります。最近では赤ちゃんと一緒に行ける整体もあるようですね。仙台市 整体の肩こり退治腰痛センターさんでは、保育士さんが在籍している託児所もあるとか!ママに嬉しいはからいですね。また、同じく仙台市に仙台 整骨院のような腱鞘炎に強い治療院もあるので、心強い限りです。腱鞘炎を甘くみてはいけません。たとえば、ピアノや楽器をしているお子さま。腱鞘炎になりやすく、更に発症することでコンクールなどに出場できなくなるといったお悩みが多くよせられています。

また、痛めた部分をアイシングしたり、マッサージしていく事も非常に大切です。マッサージの場合、恵比寿 マッサージのように貸切のところだと、赤ちゃんと一緒に来店することが可能だそうです。人目を気にせず、赤ちゃんとリラックスしながら治療ができるというのは最高ですね。

手首を痛めてしまったら、やはり手首を使わないようにする必要があります。

腱鞘炎を回避するための方法にも、とても多くの種類がありますので、手首や指先を使わないで済むように、作業を回避していくといいでしょう。

腱鞘炎を回避するために、色々な方法を試してみるといいです。


公開日:
最終更新日:2014/07/02

no image
お灸で腱鞘炎の痛みを和らげる

腱鞘炎になった時に行く病院 腱鞘炎とは、腱が思い通りに動かせなくなり

no image
腱鞘炎で痛みがひどい時はこのツボを押す

腱鞘炎の時はツボを押そう 腱鞘炎になった時は、手首を使わないように休

no image
腱鞘炎になるのは手首だけじゃない

手首以外の腱鞘炎には何があるのか 腱鞘炎というと、手首が痛むパターン

no image
キネシオテーピングで痛い腱鞘炎を緩和させる

キネシオテーピングとは キネシオテーピングって、何かご存知でしょうか

no image
腱鞘炎の正しい回復方法

腱鞘炎の治療方法 腱鞘炎を回復させたい時には、どんな治療法が効果的な

→もっと見る

PAGE TOP ↑