癖になりやすい腱鞘炎はしっかり治そう

公開日: : 腱鞘炎の治療について

腱鞘炎は癖になりやすい

手に負担のかかる作業を、日常的にしている人は、腱鞘炎にかかりやすい人だと言えます。

腱鞘炎になりやすい人は、元々、ピアニストなど、手を中心に使う楽器を奏でる人や、美容師の人などに多かったのですが、最近では、スマートフォンやパソコン作業などのデスクワークで、手首を痛める方も多くなってきました。

事務作業で手をよく使う方というのも、手に大きな負担がかかってしまうので、腱鞘炎をどうしても患いやすくなってしまいます。

腱鞘炎は、再発しやすい病気としてもよく知られています。

一度腱鞘炎になってしまうと、その部分が弱ってしまい、また同じ場所が腱鞘炎になりやすくなってしまうのです。

腱鞘炎になった時に、まず必要な事は、手を安静にしておく事です。

普段、楽器を演奏する機会の多い方や、手先をよく使う方、事務仕事の多い方などは、やはりどうしても腱鞘炎になりやすいので、このような症状が出てしまった時には、あまり手を使う作業はせずに、ゆっくりと手を安静にしておくべきです。

再発しやすいため、はじめの段階でしっかりと対策をしておかないと、更に腱鞘炎は再発しやすくなってしまいます。

腱鞘炎を癖にしないためにも

腱鞘炎になった時、早めに処置をしていかないと、腱鞘炎が治るのに時間がかかってしまったり、腱鞘炎が癖になりやすくなってしまいます。

腱鞘炎には安静が一番ですが、完治していないのに、完治したと勘違いし、また手作業を始めてしまう方などは、再発しやすくなってしまいます。

完治したかどうかは、素人で判断するのは難しく、自己判断で行動してしまうのはとても危険なため、腱鞘炎に気づいたら、早めに病院に行き、しっかりとケアしていく事が大切でしょう。

安静にしていても症状が改善されない場合には、お灸やステロイド治療、温熱療法やレーザー治療などが必要になってくるケースもあります。

関連記事

no image

腱鞘炎で痛みがひどい時はこのツボを押す

腱鞘炎の時はツボを押そう 腱鞘炎になった時は、手首を使わないように休める他、ツボを刺激して腱鞘炎を

記事を読む

no image

キネシオテーピングで痛い腱鞘炎を緩和させる

キネシオテーピングとは キネシオテーピングって、何かご存知でしょうか? キネシオテーピングと

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
お灸で腱鞘炎の痛みを和らげる

腱鞘炎になった時に行く病院 腱鞘炎とは、腱が思い通りに動かせなくなり

no image
腱鞘炎で痛みがひどい時はこのツボを押す

腱鞘炎の時はツボを押そう 腱鞘炎になった時は、手首を使わないように休

no image
腱鞘炎になるのは手首だけじゃない

手首以外の腱鞘炎には何があるのか 腱鞘炎というと、手首が痛むパターン

no image
キネシオテーピングで痛い腱鞘炎を緩和させる

キネシオテーピングとは キネシオテーピングって、何かご存知でしょうか

no image
腱鞘炎の正しい回復方法

腱鞘炎の治療方法 腱鞘炎を回復させたい時には、どんな治療法が効果的な

→もっと見る

PAGE TOP ↑