キネシオテーピングで痛い腱鞘炎を緩和させる

公開日: : 腱鞘炎の治療について

キネシオテーピングとは

キネシオテーピングって、何かご存知でしょうか?

キネシオテーピングとは、腱鞘炎を緩和させるためのテープです。

痛みを感じる部分にキネシオテーピングを貼る事で、かなり症状が和らいでいきます。

腱鞘炎を治していくためにも、腕や手首の患部を休ませる事が非常に大切です。

休息させるのに必要になってくるのが、テーピングです。

キネシオテーピングと呼ばれる腱鞘炎専用のテープを患部に貼る事で、腱鞘炎の症状のある部分を固定し、その痛みを解消させていく事ができます。

キネシオテーピングを貼ったら、できるだけ手に負担のかかる作業は控える事が大切です。

キネシオテーピングの貼り方が大切

キネシオテーピングは、腱鞘炎の症状を早く緩和させたいと考える方におすすめのテープです。

痛みを感じる部分にキネシオテーピングを貼る事で、かなりの効果が表れます。

しかし、キネシオテーピングは正しく貼らなければ、腱鞘炎を緩和する事はできません。

キネシオテーピングの正しい貼り方は、インターネットでも紹介されていますので、キネシオテーピングを使用する前に、是非ご参考にしてみて下さい。

キネシオテーピングを使うといい人

腱鞘炎というのは、どちらかというと、男性よりも女性がなりやすいものです。

女性は、家事をしたり育児をしたり、事務作業などで、手を使う作業が、どうしても男性よりも増えてしまいます。

そもそも腱鞘炎とは、手を使い過ぎる事で、手に負担がかかってしまい、腱がスムーズに動かせなくなってしまう症状を言います。

育児や事務作業で手をよく使う方は、キネシオテーピングを使って固定させ、適度に手作業を休息させていく事が大切です。

関連記事

no image

腱鞘炎で痛みがひどい時はこのツボを押す

腱鞘炎の時はツボを押そう 腱鞘炎になった時は、手首を使わないように休める他、ツボを刺激して腱鞘炎を

記事を読む

no image

癖になりやすい腱鞘炎はしっかり治そう

腱鞘炎は癖になりやすい 手に負担のかかる作業を、日常的にしている人は、腱鞘炎にかかりやすい人だと言

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
お灸で腱鞘炎の痛みを和らげる

腱鞘炎になった時に行く病院 腱鞘炎とは、腱が思い通りに動かせなくなり

no image
腱鞘炎で痛みがひどい時はこのツボを押す

腱鞘炎の時はツボを押そう 腱鞘炎になった時は、手首を使わないように休

no image
腱鞘炎になるのは手首だけじゃない

手首以外の腱鞘炎には何があるのか 腱鞘炎というと、手首が痛むパターン

no image
キネシオテーピングで痛い腱鞘炎を緩和させる

キネシオテーピングとは キネシオテーピングって、何かご存知でしょうか

no image
腱鞘炎の正しい回復方法

腱鞘炎の治療方法 腱鞘炎を回復させたい時には、どんな治療法が効果的な

→もっと見る

PAGE TOP ↑